Now Loading...

弊社かざぐるまグループ(グリーンランズ株式会社【愛知】/ ケアブリッジ株式会社【横浜】)主催で、 「 TEAM ALL JAPAN ~絆(きずな)プロジェクト~」という組織体を運営しております。

この組織体は、「世界へ日本の情報、資本、秘術を発信するプラットホーム」として、主に海外に向けて事業展開を目的としたものです。

海外事業のお知らせinformation

海外に住む日本人の困りごと

※弊社主催、ニューヨーク開催の日本帰国支援セミナーのアンケートより抜粋

FURUSATO PROJECT(B to C事業)

~ふるさとでHAPPY SENIOR LIFEを叶えるための日本帰国支援サポート~

海外に住む日本人の皆様・そのご家族の皆様へ

幸せなシニアライフを想像したときに、ふるさとにいる自分を思い浮かべませんか?
今戻りたい、いつか戻りたい、少しでもお考えであれば、私たちが全力で帰国支援をサポートいたします。

あなたのハッピーシニアライフは、 あなたの一声から、そして、私たちのサポートで。

日本とニューヨークのシニアライフの比較

どちらが幸せだと思いますか?

※入居する施設や受けるサービスによっても異なります。

日本への帰国に必要な手順

日本への帰国には「帰国前準備」「フライト」「日本での受け入れ」「我が家探し」「通常の生活」の5段階の準備が必要です。

1帰国準備、2フライト、3日本での受け入れ、4我が家探し、5通常の生活

海外で病気をお持ちになりながら過ごされている方へ、ふるさと(日本)への帰国を支援いたします。
入念にご利用者様へのヒアリングをし、帰国前の準備、フライトの手配、日本での受け入れ(国への届け出等)、我が家探し、そして最後にはふるさとでの通常の生活になるまで、ワンストップのサービスを提供いたします。

私たちは日本国内だけでなく、世界中のパートナーと連携しているからこそ、「FURUSATO PROJECT」でご利用者様のハッピーシニアライフ 100% 実現可能な環境を作り出すことができます。

Team All Japan-絆-Project

弊社かざぐるまグループ主催の社会貢献型の組織です。

当該プロジェクトは、「日本が誇る独自の技術・ノウハウ、知見」を世界に向けて発信、行動し、世界中の皆様の幸せにすることを目的に作りました。
現在、日本国内の様々な企業、個人と協力・連携して、海外に向けて事業展開を行っております。

1帰国準備、2フライト、3日本での受け入れ、4我が家探し、5通常の生活

Team All Japan-絆-Project 事務局

ケアブリッジ株式会社 / 株式会社ドリームマーケティング

海外事業へのご相談はお気軽にお問い合わせください

事業内容

2019

3月

日本の介護・帰国支援合同セミナーin Boston

(主催・ケアブリッジ株式会社、内山公認会計士事務所、後援・週刊NY生活)

このセミナーも同様に定員数を大幅に超える応募があり、盛会となる。

前半は、日本の介護事情や幸せな老後の過ごし方について、日本全国でかざぐるま式有料老人ホーム、在宅介護事業を展開するケアブリッジ株式会社青木CEOが解説。

後半は、日本帰国後の財産管理や税務処理などお金のことに関することについて、公認会計士/税理士で30年以上にわたり日本と海外の顧客の相談に答えてきた内山典弘さんが詳しく解説。

続いて、ケアブリッジ株式会社平田COOが介護の日米比較について具体的に紹介。

最後に日本で訪問看護/リハビリステーションの加藤Nsによる日本の介護保険制度の説明やかざぐるま式看護について紹介。

1月

テキサスダラスでの病院/医療会社との商談in Texas

テキサスダラスにある中核病院を視察し、かざぐるまメソッド技術提供の商談実施。

年内中の合同セミナー開催の合意にいたる。

2018

9月

海外帰国支援セミナーin NewYork

ニューヨーク在留邦人に向けて海外帰国支援のメリット・かざぐるま式介護・リハビリ・看護についてのセミナーを実施。またリハビリ体験会やご相談会も開催。

定員を大幅に超える応募が殺到し、6月のセミナーと同様定員以上の満員御礼にてセミナー開催。

別日にてマンハッタンにある病院・施設の視察

→アメリカ最大級のマウントサイナイ病院、ニューヨークマンハッタンのナーシングホームとの業務提携に成功。

6月

日本の介護事業セミナー in New York

米国に長く暮らす邦人にとって、近い将来に介護を必要としたとき、医療費の高い米国に住み続けるのか

日本に帰国するのかで悩む場合が多い。同日は平日昼の開催にもかかわらず、定員を超えた参加者が集まり盛会となり、在留邦人にとっての本テーマの関心の高さがうかがえた。

・青木CEOより介護保険や介護、老後の生活にかかる費用に日米比較について、かざぐるま方式の介護・看護・リハビリによるサービスの提供でご利用者様の夢をかなえる努力などを説明。日本に帰国するメリットなども力説。

・平田COOによるマンハッタンの高齢者施設イザベラハウスで行ったリハビリのデモンストレーションを動画(杖での歩行を余儀なくされていた高齢の女性が15分の平田COOの施術でタップダンスを披露できるまでに回復する映像)を使ったセミナー内容に、歓声が沸き上がった。

・桑原NSによる自然治癒力を高めるかざぐるま式看護を解説。

・質疑応答では活発に質問が出され、将来の介護問題に対しての情報提供を実施。

 

2017

8月

中国医療視察ツアーin北京・上海

高齢者社会の医療・介護と先端治療技術のような日本の得意分野を武器に、老人福祉・医療系の現状理解を深める目的で中国最大規模の展示会視察。その上で、他に富裕層向けプライベート病院の視察や業界専門家との面談などから新たなビジネスの着想点を提供。

各地の展示会視察を核に、御社のご希望に沿う「病院・老人ホーム・各種工場・学術交流」などの視察や情報交換を実施。

中国北京の7兆円規模の医療グループとの業務提携に成功

4月

中国医療・介護視察ツアーin 天津

中国天津の病院・施設を見学。

中国天津の国立大学附属病院との業務提携に成功

お問い合わせ