Now Loading...

訪問看護事業コンサルティング

  • 1

    在宅看護サービス事業の現状、背景

    平成24年の介護保険制度の改正により導入された「地域包括ケアシステム」により、政府は医療・介護の分野において、それまでの「病院・施設」から「施設から在宅へ」の方針転換を打ち出しました。
    日本の予想以上の高齢化の進行や、国の財政難などの理由により、これからは「在宅」中心のケア、サービスが必要となる時代に入りました。

    その中で、現在、在宅分野のサービスにおいて特に注目されているのが、「訪問看護事業」です。

  • 2

    訪問看護事業所数の推移

    上記は、平成5年からの訪問看護ステーションの数の推移です。
    図を見て分かるように、ここ数年で特に増加し、平成30年にはついに全国で1万社を超える事業所数に達しました。
    でも、実際のニーズに対してまだまだ事業所が足りていないのが現状です。

  • 3

    訪問看護事業とは?

    「訪問看護事業」とは、「在宅にお住いで、何かしらの疾患をお持ちの高齢者の方を対象に、看護師やセラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)がご自宅を訪問して医療やリハビリテーションのサービスを提供するサービス」のことです。
    その昔は、総合病院等に併設された訪問看護ステーションが、在宅の高齢者の看護サービスを提供するのが主流であり、民間の営利法人が訪問看護事業を行うことは認められてはいませんでした。
    ただ、国の政策転換により、民間の法人にも門戸が開かれることで、徐々にビジネスとして訪問看護サービスに参入する業者が増えてきているのが現状です。

  • 4

    かざぐるま式訪問看護事業

    かざぐるまグループにおいても、平成26年度よりこの訪問看護事業に進出し、現在、愛知県尾張旭市、神奈川県横浜市の二都市で「かざぐるまブランド」として訪問看護リハビリステーションを運営しております。

    弊社かざぐるまでは、単なる「訪問看護」の枠を超えることを目標にしています。「リハナース」としての立ち位置で「リハビリもできる看護師」としてのサービス展開や、看護・リハビリサービスの体系化を行い、海外へのノウハウ輸出、コンサルティングサービスなども行い、既存の訪問看護事業とは一線を画した独自のブランディングで事業展開を行っています。

  • 5

    国策に従ったビジネスとしての訪問看護事業と、その魅力

    ビジネスにおいては、その例えとして、「昇りのエスカレーター」か「下りのエスカレーター」のどちらかに乗るかで成功確率は格段に変わると言われます。そういった意味では、この訪問看護事業は、国策によりこれから伸びていく、まさに【昇りのエスカレーター】の事業であると言えます。

    さらに、訪問看護サービスは「在宅」だけではなく「施設」への訪問サービスを行うこともできます。よって、自社の「高齢者住まい事業」とのコラボも可能で、社内、社外を問わず様々な事業展開を行うことにより、売上アップや収益の確保が確実に期待できる事業と言えます。

「介護事業新規事業立ち上げ」をお考えの経営者様。経営幹部の皆さまへ。

弊社では、そんな皆様への「かざぐるま式訪問看護事業の開業支援コンサルティング」を提供しております。

  • 既存事業での売上が不振で、他の業態での事業経営を検討している
  • 既存事業は好調だが、今後のリスクヘッジとして介護事業進出を検討中
  • お客様に圧倒的に喜ばれる「社会貢献事業」に参入したい
  • 資金繰りに悩まない安定したキャッシュフロー経営を行いたい
  • 現状で介護事業を展開中だが、業績が今一つなので他の事業を考えている
  • 脱サラをして一(いち)から事業を行いたいが、経営への不安、心配が多い

上記にひとつでも当てはまる方。まずは、弊社へお気軽にご連絡下さい。

まずは、2時間無料でのご相談、コンサルティングをさせて頂きます。

住まい事業コンサルティング

  • 1

    高齢者住まい事業の現状、背景

    【月額9万円台で入居可能】【医療依存度の高いお客様専門】【圧倒的なADLの向上】をキャッチコピーに、弊社では2009 年より、愛知県瀬戸市を中心に住宅型有料老人ホームの運営を行って参りました。

    既存の施設は、「施設の利用料金が高い」「医療の体制が構築できないために軽度のご利用者様の受け入れしかできず売上・収益が上がらない」「ご利用者様の状態が改善せず、すぐに亡くなってしまい収益や評判が上がらない」などの状況で経営に苦しむことが多いのが現状です。
    それにより、最悪の場合、倒産や廃業の事例も最近、多数報告されています。

    それに対して、日本初の【利用料金が安い】【単価の高いお客様による売上・収益向上】【ご利用者様のADLが向上し、評判を生み、お客様の行列ができる介護施設】として注目され、現在も弊社の「かざぐるま式介護施設」は稼働率100%を続け、「世間良し」「売り手良し」「買い手よし」のいわゆる「三方良し」の健全経営を実現しております。

  • 2

    ソーシャルビジネスとしての高齢者住まい事業の価値

    昨今、相次ぐ「介護離職」のニュースが報道されて久しいですが、その反面介護を受けたくても受けられないという、いわゆる「介護難民」の問題もクローズアップされつつあります。
    2025年には、65歳以上の高齢者が2000万人を突破すると言われる中で、「低年金」「医療依存度が高い」「介護者不在」という社会的弱者が増えつつあり、満足に介護を受けられずに福祉業者間をたらい回しされる現象も起こり、ほぼ社会問題化しているのです。

    その中で、かざぐるまグループとしては、2009年の創業当初より「社会的弱者を救おう!」をテーマに、多施設では断られてしまうご利用者様を積極的に受け入れました。そして同時にイノベーティブなノウハウやアイデアを導入し、様々な経営努力を行いながら収益も確保し、その結果、「三方良し」の事業運営を実現することができました。
    「社会問題をビジネスで解決する」ことで、世間にも圧倒的なインパクトを与え、社会貢献に寄与することができました。

  • 3

    日本全国でのかざぐるま式介護施設のコンサルティング実績

    介護分野への異業種参入が増える昨今、弊社にも「新規事業として立ち上げたいので、コンサルティングをお願いしたい」というお問合せが非常に多く、これまでも実際に日本全国で数多くの法人様を対象にして「かざぐるま式介護施設の開業支援」をコンサルティングさせて頂きました。

「介護事業新規事業立ち上げ」をお考えの経営者様。経営幹部の皆さまへ。

弊社では、そんな皆様への「かざぐるま式訪問看護事業の開業支援コンサルティング」を提供しております。

  • 既存事業での売上が不振で、他の業態での事業経営を検討している
  • 既存事業は好調だが、今後のリスクヘッジとして介護事業進出を検討中
  • お客様に圧倒的に喜ばれる「社会貢献事業」に参入したい
  • 資金繰りに悩まない安定したキャッシュフロー経営を行いたい
  • 現状で介護事業を展開中だが、業績が今一つなので他の事業を考えている
  • 脱サラをして一(いち)から事業を行いたいが、経営への不安、心配が多い

上記にひとつでも当てはまる方。まずは、弊社へお気軽にご連絡下さい。

まずは、2時間無料でのご相談、コンサルティングをさせて頂きます。

お問い合わせ